スマート補償(s)

安心・快適なモバイルライフをはじめるなら

累計加入数10万人突破!!

もしもの時の補償サービス、公衆無線LAN、機器の問題を割引価格でサポート。三つを合わせたサービスです。

月額利用料金 550円(税抜)

故障・修理の費用にひかり補償(s)

ひかり補償(s)はサービス加入後に、お客様自身がご購入され所有している対象端末が
偶然の事故・破損、水濡れ・水没などで使用できなくなり修理を行った場合に、補償として
お見舞金をお支払するサービスです。
※ひかり補償(s)の提供元は株式会社セールスパートナーとなります。

本サービスの新規申込み受付は終了致しました。

様々なデバイスが対象

納得のお見舞金額

必要申請書類シミュレーター

対象機器とお見舞い金額について

ひかり補償(s)のお見舞い金支払いの対象となる事象は以下の通りになります。
また、各事象に伴いお見舞い金のお支払い額や申請書類が異なります

対象端末※2 対象期間※3 お見舞金額※4 ご利用上限回数※7
ノートパソコン 5年 修理可能:最大5万円※5
修理不能:最大2万5千円※6
水濡れ・水没:最大1万円※7
いずれか二端末のお見舞金年2回まで
※ただし、同一端末は年1回まで
スマートフォン 3年
タブレット端末 3年
スマートウォッチ 3年
モバイル音楽プレーヤー 3年 修理可能:最大1万円※5
修理不能:最大5千円※6
水濡れ・水没:最大3千円※7
携帯ゲーム機 3年
モバイルルーター 3年

※1 いずれのサービスも、スマートWi-Fiの利用に付随関連して申込者が申込者の所有する対象端末を使用したことによって、各項目に定める事象が発生したことが、お見舞金のお支払いの前提条件となります。
※2 初回求償後、対象端末の登録を行います。2回目以降の求償は対象端末のみ求償の対象端末とします。なお、機種変更等により対象端末に変更がある場合は、当社に届出するものとする。
※3 対象端末に応じて、対象期間(起算日は製品購入日)をお見舞金のお支払い対象期間とします。但し、サービス申込日より1年(起算日は利用開始日)以前に購入した端末は対象外とする。尚、一度対象端末が特定された後、対象期間を超過した場合は、対象端末の登録は解除され、新たに対象端末の登録を行えるものとします。
※4 修理可能とは、対象端末をメーカー等で修理をした状況を指します。また、修理不可とは、対象端末のメーカーでの修理が不可能で、申込者が別途対象端末の同等品を購入した状況を指します。
※5 対象端末のメーカー保証内の故障の場合は、有償修理に要した実費に対して、最大金額を上限としてお見舞金(不課税)をお支払いします。なお、修理により同等品を本体交換した場合も修理可能扱いとなります。
※6 修理不可により再購入に要した費用の50%の金額に対して、最大金額を上限としてお見舞金(不課税)をお支払いします。
※7 水濡れ・水没による故障の場合、修理可能および修理不可に問わず、お見舞金金額は上記のとおりとします。ただし、提出必要書類については、水濡れ・水没による故障の場合でも、 修理可能または修理不可により下記のとおり分類されるものとします。また、水濡れ・水没については、2014年9月1日以降に発生した故障について、お見舞金支払いの対象となります。
※8 支払われるお見舞金(不課税)の上限額は、1年間(起算日は利用開始日)につき10万円です。
サービス申込日より1年間、2つの対象端末(対象端末の種類が同一であるか否かは問わない。)を上限として、お見舞金の支払を受けることができるものとします。なお、下記の除外事項に該当する場合はお見舞金の支払いを受けることができません。
※9 盗難・紛失は、対象外となります。
※10 申込者以外の者が対象端末を購入した場合
※11 付属品、バッテリー等の消耗品の故障、破損、または交換の場合
※12 ご購入から1年以内のメーカーの瑕疵による故障等の場合
※13 すり傷、汚れ、しみ、焦げ等、対象機器の本体機能に直接関係のない外形上の損傷

どんな時に使えるの?

サービス加入後に、お客様自身がご購入され所有している対象端末が偶然の事故・破損、
水濡れ・水没などで使用できなくなり修理を行った場合に、ご利用いただけます。
※尚、初回および2回目の利用において、いずれにおいても申請した端末が以後の補償対象となります。(初回と2回目の同端末の利用は不可)

初めてお見舞金の申請をされる方へ

初めて申請される方が、
お見舞い金お支払いのための書類審査の上で、書類不備や差し戻しにならないよう、
要点をまとめた資料がございます。
こちらからダウンロードいただき、印刷して
ご利用いただくとスムーズに申請いただけます。

どんなときに支払われるの?

対象となる端末の故障や破損を修理した際に発生した費用に対して必要書類をご提出いただき、
審査完了後、翌月末日迄に指定の振込先に振り込ませていただきます。
※尚、初回および2回目の利用において、いずれにおいても申請した端末が以後の補償対象となります。(初回と2回目の同端末の利用は不可)

どんな書類で申請するの?

ご提出していただく書類は次となり、お見舞金のご申請に必要になります。
お見舞金の請求書はこちらより入手可能です。
プリントアウトしてご利用ください。

  1. ①事故状況説明書兼お見舞金請求書
  2. ②修理報告書または修理見積書
  3. ③修理した際の領収書
  4. ④損害状況がわかる損害品の写真
  5. ⑤損害品のメーカーの発行する保証書等その購入日がわかる書類
  6. ⑥損害品に代わる機器を新規購入した際の領収書(修理不能の場合)
  7. ※ご自宅にプリンタがない場合は、お近くのコンビニエンスストア等でのプリントアウトをお願い致します。

端末の修理完了後に申請ください

ひかり補償(s)は修理にかかった費用に対するお見舞金のサービスです。
破損または故障した端末を修理に出した際にもらえる領収書や修理内容や
見積金額の確認できる書類は捨てないようご注意をお願いいたします。
リペアレポートには様々な言い方がありますので一例を参考にしてください。

リペアレポート(名称例)

iphoneの場合

  • Genius Barサービス見積書 および サービス確認書
  • Genius Bar修理確認書

Androidの場合

  • docomo
  • 修理結果票(お客様控え)
  • 故障受付表(お客様控え)

au

  • 修理取次書
  • 修理報告書
  • リペアレポート(お客様控え)

softbank

  • リペアレポート(お客様控え)

その他の場合

  • 修理内容や見積金額の確認できる書類

故障?破損?お見舞金の判断方法

故障と破損の違いは製品の対象機器の事故状況の違いになります。
代表的な例として故障は対象機器の摩耗、使用もしくは経年による品質、
機能の低下・不能等による製品不良、(付属品、バッテリー等の消耗品の故障や
ご購入から1年以内のメーカー側の瑕疵による故障は含まれません。)
破損は対象機器の落下等による画面割れ、外部衝撃による変形、故障等になります。
(すり傷、汚れ、しみ、焦げ等機能に直接関係のない外形上の損傷は含まれません。)
なお、リペアレポートに基盤、と記載がある場合、多くは故障となります。

書類送付先

お見舞金の申請に必要な書類はこちらへ送付ください。
なお、申請に必要な書類はこちらでご確認いただけます。

〒171-0021 東京都豊島区西池袋2丁目41番8号 IOBビル6F
株式会社セールスパートナー
補償サポートセンター 宛

お問い合わせ

スマート補償(s)のご契約・ご解約に関するお問い合わせ
0120-201-038
受付時間 10:00〜18:00 年中無休(年末年始除く)

ひかり補償(s)に関するお問い合わせ
0120-117-835
受付時間 10:00〜20:00 年中無休(年末年始除く)

スマートWi-Fi by econectに関するお問い合わせ
0120-500-982
受付時間 10:00〜18:00 年中無休(年末年始除く)

かけつけサポートに関するお問い合わせ
0120-641-093
受付時間 9:00〜21:00 年中無休

メールでのお問い合わせはこちら

トップに戻る